忍者ブログ

京都精華大学立体造形コースのブログです。

   
カテゴリー「3回生の授業風景」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは、3回生のナガタキです。
毎日暑いですね!
まだまだ蒸し暑い日が続きますが、大学は試験期間も終わり夏休みに入りました。
上賀茂の方もお疲れ様です!

さてさて大変遅くなりましたが、
3回生の前期最後の合評の報告をいたします^^;

今回のテーマは「身体
“身体”をテーマに造形物を制作する。という課題でした。

身体はみんなが持っているもの。
ずっと付き合い続けるもの。
それだけに思い入れもたくさんあります。
同じ“身体”でもそれぞれで色んな表現がありました。



↑すごいカタチです。立つようには見えません。。
 タイトルは「芯」
 物が立つのに一番綺麗に見えるポイントを作者は“ハマる”と表現していました。



↑イタそう・・・・・・!!
 実はキズメイクです。独学だとか。



↑立体物と映像を組み合わせた作品。
 洗濯ばさみにぶら下がっているのは障子紙で作者自身の体の型を取ったもの。
 映されているのは自分の部屋の窓で、季節と時間の経過が表現されていました。




↑エネルギーの調節から着想を得て御影石で表現したそうです。
 体内エネルギーは自分で調節できるもの。蛇口も調節するもの。
 シンプルだけど分かりやすいです!



↑思いで紡いだ作者自身の殻。
 みんなが近づいてくる音で殻から外へ出る。
 作品が青いのは彼女の中で青色は「負」のイメージが強いからだそうです。



↑右下、愛犬を木で彫った作品。カワイイ。。
体が動くままに愛情を込めて彫ったそうです。愛情がにじみ出てます!!


ここでは報告できていませんが同じテーマでパフォーマンスの発表も行いました。
同じ課題でもそれぞれの良さや固有色が出てきたように思います。
この調子で頑張りたいですね!

一つの大きなテーマで制作する課題は今回が最後です。
後期からは完全に自由制作になります。
長期休暇の間も頭を動かして色んなものに目を向けなければ次に制作に取り掛かるのが大変です・・・

ではでは、皆様よい夏休みを!!


 
 

PR
アシスタント・ツジタです。

いきなりですが、
ふ・不思議な光景が・・↓↓



実はこちら3回生の授業なんです。

今、彼らが取り組む課題はズバリ「身体」
先週、身体を使ったパフォーマンスの合評会がありました。

今日は、特別に三上賀代先生に来ていただき、
身体をほぐしたり感じたりするワークショップの日です。


↑二人一組になってほぐし合います。
目の上にそっと手を置いているところ。


↑手前が今村源先生、奥が西山美なコ先生。
2人とも気持ちよさそうですね~。


↑「野口体操」を少し教えていただいたようです。
ホワイトボードに書かれた言葉↓・・気になります。
・可能性の前提は解放
  ・重さが主たるエネルギー
  ・ぶら下げ、ぶら上げ



↑人にマッサージされたりしてもらったり、身体と身体が触れ合うことが
みんなとても気持ちよさそうです。



最後に、気持ちよく脱力できた状態で
筋肉のない赤ん坊が初めて自分で立ち上がる瞬間を、
35億年もの昔、魚が初めて陸地に上がろうとした瞬間
を、
想像しながら起き上がってみる。

私も参加してみましたが、とっても難しかったです。
同時に、2足歩行にまでたどりついた人間の不思議さを感じました。


3回生は、
前期末までに、「身体」をテーマに作った造形物を発表する予定です。


 こんにちは、三回生のイノウエです。

六月になり、梅雨入りした京都ではまいにち雨がしとしと。
すっかり雨の季節になりましたね。
湿気が多くて思うように制作が進まない!と嘆きたくなることもしばしば。
けれど、雨の止んだタイミングを見計らって帰宅した昨日の晩、下宿の裏の小川でが飛んでいるのを見ました。
水の澄んだ小川の多い京都では、毎年この季節になると音もなく舞う蛍の姿にあちらこちらで出会うことができます。
一、二回生のころ、わざと暗くなるまで情報館で待ってから帰っていたのを思い出しました。

こんな季節の感じ方をできるのも、京都の魅力ですね。


さて、三回生は先日、オマージュの合評が行なわれました。

オマージュとは、フランス語でhommage。
芸術や文学においては、尊敬する作品や作家に影響を受けて、似たような作品を創作すること。
また作品のモチーフを過去作品に求めることも指す。しばしばリスペクト(尊敬、敬意)と同義に用いられる。  (By YAHOO!辞書)


尊敬する人、心揺さぶられた人、作品、自分がアートを志すきっかけになった人、今回調べて初めて出会った作家さん、などなどオマージュの対象となった人は様々。
三回生がそれぞれ考えたオマージュのかたちを、少しだけではありますがご紹介したいと思います。


Marc Chagallのステンドグラス三部作より、“演劇と舞踏”。
(実はこれ、黒ボンドと水彩絵の具、水のりでつくられています。)
流渓館(先生方の研究室がある建物)の階段横にある大きな窓にセッティングされたこの作品は、
コンクリートの壁でできた薄暗い雰囲気のなかでその存在感を際立たせます。
建築とのコラボレーショ」とは、西山美なコ先生の言葉。


さとうりさ “Risa Campain in Calfornia -Mother's Life”より
なんだか不思議な顔をした白い三輪車。
なんとも言えない世界観のさとうりささんをオマージュするために、
三輪車を探しまわって家の付近をうろうろしては近所のひとに怪しまれたという彼女。(写真左奥)
写真ではわかりづらいですが、この顔は針金の上からビーズ状の発泡スチロールを覆わせてつくられています。


Ryan Gander “ナサニエルは知っている”より
これは、壁に開けられた穴の向こうで水色の光と水が水中ポンプに揺れている作品。
実はこの壁だけでなく、薄暗闇にされた空間自体がつくられたもの。
ガンダーの作品では、蹴破られたような壁の向こうに緑の植物が垣間見え、その向かい側には通風口のようなものが設置されています。
これをつくった作者は、“ナサニエルは知っている”というタイトルに興味を惹かれ、自分なりに色々と考えさせられたそう。
通路にぴったりあう壁をつくるのに苦戦していました。



Mary Blair 
ディズニーのデザイナーであり、二児の母でもあるメアリー・ブレアへのオマージュとして作られたのは黒いウェディングドレス。
小さいころからディズニーに囲まれて育ったという彼女は、大人になっていく自分と、大人になりたくない自分の複雑な感情や葛藤をブレア、そして自身の母親へのオマージュとして表現したそうです。
白いパーテーションには彼女の作品であるイラストが掛けられています。
自分で着ることによって格段に自分のものになっている。」と、森口先生。


紙でできたドレスの裾やブーケには、ブレアをオマージュした絵が描かれています。
カラフルで可愛らしいイラストだからこそ、その黒いドレスが意味深に感じられる作品。


二日間に渡って行なわれた合評は、
それぞれの仲間達がどのような作品や人に引きつけられているのかを知ることができた新鮮なものでした。

私達はこの場所で学びながら制作を続けていくうえで、何かしらの影響を受けずにはいられません。
それはときにひどく悩まされることもありますが、ゆっくりと咀嚼し、噛み締めてゆくことで自分の新しい一面を引き出してくれるものだと思います。
そうやって影響を受け、及ぼし、経験を積み重ねていくことで自分自身を形成していく時間の基盤のひとつが、この大学生活なのだろうな、と。
ひとは死ぬまで自分自身をつくりかえ、形成し続ける生き物のように感じます。
だからこそ、より多くのものに出会い、知ることは大切なこと。
と、同時にひどく面白いことだと思います。

三回生の今の課題は身体。
パフォーマンスと造形の二つの発表が行なわれます。
なんとパフォーマンスは今回が初課題!
慣れない発表に模索中の三回生です。

・・・おまけ:合評にむけてのうら側


はじめまして、3回生のナガタキです。
先日のブログ会議に参加しまして、今回初めての投稿です!

学ぶ立場から、私が感じたことを少しでもこの場を借りてお伝えできればと思います。

不慣れなので分かりづらいことがあるかと思いますが、どうぞよろしくお願いいたします><


さて!
さっそくですが、合評の様子をお伝えします。
今週火曜日・水曜日の二日間にわたり、3回生に進級してから初めての合評会がありました。

今回、私たちに出されていたのは記憶という課題です。

使用する素材も、発表の方法も自由という条件で各々制作を進めてきました。


↑当日は自分たちで白い壁を立て、白い空間の中で合評を聞きます。


↑真ん中に立っている彼女が自分の作品について発表中。
床に置かれているのは新聞紙
合評までの一週間、部屋の家具を新聞紙で梱包し、普段通りに生活していたそうです。
しわしわだったり、破れていたり・・・彼女の生活の痕跡です。


↑引き出しのかたちをした作品。
みんな中身に興味津々です!!


↑なんと!中身はご飯のおかずでした!!
この作品を作った女の子の一週間分の晩御飯が再現されています・・・!
合評中においしくいただきました^^


↑それぞれが自分の作品について語ります。けっこう照れくさいです(笑)


↑赤い物体は日章旗を立体化したもの。ものの見え方・感じ方も人それぞれ。
この戦闘機、プラモデルではなく一から作っています。


↑発表方法も自由です。暗い部屋での発表もありました。

  
↑穴の中から語り・・・                      ↑階段の上から語ります。


制作期間は決して長くはありませんでしたが、新しい素材に挑戦する人も多く
今までになく真剣に課題に向き合っていたように感じました。

「作品の完成度を上げるより、何を考え、実行し、自分がどう変わったか」

合評の中で先生がおっしゃった言葉です。
今の私たちにはとても大切なことだと思います。


「合評は苦手」ということをよく耳にしますが、
自分の作品に愛着が湧いたり言いたいことをうまく伝えられたときは合評も楽しいです^^

これからもどんどん色んなことを吸収していきたいですね!!

3回生の次の課題はオマージュです。

「記憶」の合評お疲れ様でした!











  
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
バーコード
ブログ内検索
カウンター
Copyright ©  -- 立体造形ブログ2011 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]